Agilent 5800 VDV ICP-OES による産業廃棄物サンプルの分析

Agilent 5800 VDV ICP-OES による産業廃棄物サンプルの分析

Pub.No. 5994-1479JAJP

【要旨】

サンプルに関する有益な情報を得られるツール - IntelliQuant

中国メソッド HJ 781-2015 は、固形廃棄物サンプル中の 22 種類の元素を測定する手順を説明しています。このような複雑なサンプル分解物は、メソッドの対象ではない元素を含んでいることがよくあり、その存在を考慮しないとスペクトル干渉につながります。スペクトル干渉によって誤った結果が出るとサンプルの再測定が必要になります。 Agilent IntelliQuant 機能は、起こり得るスペクトル干渉や予想外の元素を自動的に特定し、サンプル組成に関する価値ある情報を提供します。IntelliQuant は、サンプル中の最大 70種類の元素を数秒で同定でき、目的の結果 (元素)のみを示すことができます。 この研究では、産業廃棄物 NIST SRM 2782 を分析することによって機器性能を実証しました。

分野 環境
キーワード HJ 781; solid waste analysis; metals in solid waste; Chinese Environmental standards; HJ781; HJ-781 
掲載年月 2019/12
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 568kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)