ガラスフリット付きウルトライナートスプリットレスライナを用いた GC/MS/MS による食品マトリックス中の多成分残留農薬の分析

ガラスフリット付きウルトライナートスプリットレスライナを用いた GC/MS/MS による食品マトリックス中の多成分残留農薬の分析

Pub.No. 5994-1473JAJP

【要旨】

食品マトリックス中の農薬は、ライナの種類がガラスウールか、ディンプルか、焼結ガラスフリットかなど、注入口の条件に大きく左右される可能性があります。このアプリケーションノートでは、ガスクロマトグラフィー/タンデム四重極質量分析計 (GC/MS/MS) を使用した多成分残留農薬分析メソッドにより、焼結ガラスフリット付き Agilent ウルトライナートスプリットレスライナの有効性を評価した結果を紹介します。ガラスフリット付きライナを使用することで、濃度 1 ~ 500 ng/mL の農薬 22 種について直線性に優れた検量線が得られました。また、最初に実施した一連のマトリックス注入では、ガラスフリット付きライナによるレスポンスとピーク形状は一般的に使用されているガラスウール入りライナと同等でしたが、70 回にわたるマトリックス注入において、より一貫したピークレスポンスが維持されました。

分野 食品
キーワード pesticides、 food、 GC/MS/MS、 fritted liner 
掲載年月 2019/11
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 1.10MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)