高分離能 7250 GC/Q-TOF によるネガティブ化学イオン化(CI)および Low Energy EI を用いた短鎖塩素化パラフィン(SCCPs)分析

高分離能 7250 GC/Q-TOF によるネガティブ化学イオン化(CI)および Low Energy EI を用いた短鎖塩素化パラフィン(SCCPs)分析

Pub.No. 5994-1429JAJP

【要旨】

Agilent 7250 シリーズ高分離能精密質量 GC/Q-TOF を使用して、きわめて分析困難な化合物のグループの 1 つである短鎖塩素化パラフィン(SCCPs)を分析しました。分析では、ネガティブ化学イオン化(NCI)および 低エネルギー電子イオン化(LE-EI)の両方を含む包括的な手法を採用しました。最近の研究では、SCCPs 分析に対する Agilent GC/Q-TOF の LE-EI および NCI モードの適合性の評価に焦点を当て、それぞれの手法の利点が明らかになっています。

分野 環境
キーワード short chain clorinated paraffins、 negative chemical ionization、 low energy electron ionization 
掲載年月 2020/01
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 864kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)