高分離能 GC/Q-TOF を用いた表流水中の環境汚染物質の包括的プロファイリング

高分離能 GC/Q-TOF を用いた表流水中の環境汚染物質の包括的プロファイリング

Pub.No. 5994-1371JAJP

【要旨】

表流水中の環境汚染物質のモニタリングは、非常に困難な作業です。汚染物質は多数存在すると同時に、それらの物質による環境影響は絶えず変動しており、検出下限の低い高感度なメソッドを必要とする低濃度の毒性 物質(例えば、ピレスロイドおよび一部の有機リン農薬)が存在するためです。サンプル中の既知および未知汚染物質を特性解析する際には、精密質量高分離能 MS(HRMS)手法を使用することが一般的になってきています。環境汚染物質のうち、分子質量が小さい、揮発性がある、または非極性であるという性質を有するものは、LC よりも GC による分析の方が適しています。 高い感度と幅広い対象物質の分析を達成するため、表流水中の環境汚染物質のスクリーニングに対して、高分離能精密質量 GC/Q-TOF によるターゲット化合物の定量、サスペクトスクリーニング、およびノンターゲット分析手法を含む、包括的なワークフローを適用しました。

分野 環境
キーワード Agilent 7890B GC、 Agilent 7250 GC/Q-TOF、 Agilent MassHunter Unknowns Analysis、 environmental contaminants 
掲載年月 2020/01
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 3.61MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)