脂質プロファイリングワークフローによる白血病細胞中の薬物処置により誘発される脂質生成中断の解明

脂質プロファイリングワークフローによる白血病細胞中の薬物処置により誘発される脂質生成中断の解明

Pub.No. 5994-1356JAJP

【要旨】

Agilent 6546 LC/Q-TOF と Agilent MassHunter Lipid Annotator ソフトウェアを使用した Agilent リピドミクスプロファイリングワークフローを、薬物処置した急性骨髄性白血病 (AML) の細胞の研究に適用しました。分析結果は、これまでに報告された観察を裏付けており、この包括的なワークフローの範囲を拡張することによって、脂質の違いが明白になることが明らかになりました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 6546 LC/Q-TOF、 1290 Infinity II UHPLC、 Lipds、 iterative MS/MS、 Profiling 
掲載年月 2019/12
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 2.40MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)