高分解能 Agilent 7250 GC/Q-TOF を用いた廃水流出物サンプル中の毒性化学物質の同定

高分解能 Agilent 7250 GC/Q-TOF を用いた廃水流出物サンプル中の毒性化学物質の同定

Pub.No. 5994-1345JAJP

【要旨】

この研究では、広範囲のサスペクト化合物スクリーニングのワークフローを用いて、廃水流出物中の有毒化学物質を同定しました。ターゲットメソッドとノンターゲットメソッドを組み合わせた包括的手法において、複数のイオン化モードによる分析を高分解能精密質量 Agilent 7250 GC/Q-TOF、Agilent MassHunter Quantitative Analysis ソフトウェア 10.1 による GC/Q-TOF スクリーニングワークフロー、農薬および環境汚染物質の GC/Q-TOF 精密質量ライブラリを用いました。

分野 環境
キーワード Agilent 8890 GC、 Agilent 7250 GC/Q-TOF、 Agilent MassHunter Quantitative Analysis、 wastewater 
掲載年月 2020/01
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 2.72MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)