極性分子の保持と分離 ― HILIC カラムと逆相 LC カラムの使い分けに関する考察

極性分子の保持と分離 ― HILIC カラムと逆相 LC カラムの使い分けに関する考察

Pub.No. 5994-1137JAJP

【要旨】

今回の研究では、保持されにくい極性およびイオン化低分子を分析する際に、親水性相互作用 LC(HILIC) カラムと逆相 LC (RPLC) カラムをそれぞれどのような場合に使用すべきかについて調査しました。調査で得られたデータから、成分/サンプル、移動相、検出モード、およびその他のメソッド適合性要件 (保持、分解能、感度、ピーク形状) がカラムの選択に影響することがわかりました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード liquid chromatography、 small molecule、 reversed phase、 hydrophilic、 method development 
掲載年月 2019/08
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1.01MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)