Agilent Chem Elut S 保持型液液抽出 (SLE)カートリッジを用いた HPLC による醤油および食用酢中のパラベンの分析

Agilent Chem Elut S 保持型液液抽出 (SLE)カートリッジを用いた HPLC による醤油および食用酢中のパラベンの分析

Pub.No. 5994-1018JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、Agilent Chem Elut S 12 cc 保持型液液抽出 (SLE) カートリッジを用いて、醤油および食用酢中の 7 種類のパラベンを LC/DAD 検出によって分析した結果を紹介します。比較のために、従来型の液液抽出 (LLE) と 4 種類の市販の SLE 製品もテストしました。技術的には、SLE は従来型 LLE と比べてワークフローが簡素化され、時間と労力の大幅な節減が可能になります。Chem Elut S で用いられる新しい合成担体は、回収率、再現性、容量、クリーンさが考慮され、性能が向上しています。

分野 食品
キーワード Agilent Chem Elut S、 Agilent 1290 Infinity II LC、 Agilent Intuvo 9000 GC、 Agilent 7000 triple quadrupole GC/MS、 Agilent InfintyLab Poroshell 120 PFP、 paraben 
掲載年月 2019/07
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 874kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)