ウルトライナート汎用焼結ガラスフリットライナを用いたGC/MS による依存性薬物の分析

ウルトライナート汎用焼結ガラスフリットライナを用いたGC/MS による依存性薬物の分析

Pub.No. 5994-1012JAJP

【要旨】

ガスクロマトグラフィー/質量分析法 (GC/MS) は、規制物質分析のための一般的なスクリーニング手法です。これらの分析では、アンフェタミンやオキシコドンのような影響を受けやすい化合物または活性化合物のピーク形状や信号の損失を防ぐために、不活性な流路を維持することが重要です。焼結ガラスフリットライナは、ガラスウールライナと同様に複雑な非揮発性マトリックスから保護されており、一方でピークレスポンスの損失の原因となるウールの破損もありません。

分野 法医学
キーワード Gas chromatography、 GC、 mass spectrometry、 MS、 controlled substances、 drugs of abuse 
掲載年月 2019/07
ページ数 16ページ (PDFファイルサイズ 1.02MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)