Agilent 焼結ガラスフリットライナを用いたガスクロマトグラフィー/質量分析法による半揮発性有機化合物の分析

Agilent 焼結ガラスフリットライナを用いたガスクロマトグラフィー/質量分析法による半揮発性有機化合物の分析

Pub.No. 5994-0953JAJP

【要旨】

ガスクロマトグラフィー/質量分析 (GC/MS) は、環境マトリックス中の半揮発性有機化合物の分析において重要な役割を果たしています。土壌または廃水マトリックスなど、多くの非揮発性化合物が含まれる一部の複雑な環境マトリックスについては、GC/MS システムの寿命を延ばしダウンタイムを低減する上で、ライナの選択がきわめて重要です。Agilent 焼結ガラスフリットライナなら、注入口メンテナンスを実施するまで GC/MS システムを長期にわたり使用でき、優れた再現性を得られます。

分野 環境
キーワード EPA 8270、 frit liner、 liner lifetime 
掲載年月 2019/06
ページ数 16ページ (PDFファイルサイズ 954kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)