Agilent Chem Elut S 保持型液液抽出を用いたLC/MS/MS によるヒト尿中依存性薬物の分析

Agilent Chem Elut S 保持型液液抽出を用いたLC/MS/MS によるヒト尿中依存性薬物の分析

Pub.No. 5994-0950JAJP

【要旨】

Agilent Chem Elut S は、合成充填剤を使用した保持型液液抽出 (SLE) 用の新しいサンプル前処理製品です。このアプリケーションノートでは、Chem Elut S 96 ウェルプレート (400 mg) を使用し、ヒト尿中の依存性薬物 (DOA) 24 種を LC/MS/MS で定量分析した結果を紹介します。従来の液液抽出 (LLE) 法およびケイソウ土 SLE 法との比較でも、Chem Elut S の著しい優位性が示されました。今回の実験結果から、合成 SLE 充填剤をベースとする Chem Elut S が、このアプリケーションにおいて、迅速かつシンプルで一貫性の高いサンプル前処理方法であることが実証されました。

分野 法医学
キーワード Agilent Chem Elut S、 Agilent positive pressure manifold 96 processor、 Agilent 1290 Infinity LC、 Agilent Poroshell 120 EC-C8 column、 drugs of abuse 
掲載年月 2019/06
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 786kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)