食品安全検査の拡張:Agilent 6546 LC/Q-TOF と MassHunter Quantitative Analysisソフトウェアによる農薬スクリーニング

Agilent 6546 LC/Q-TOF と MassHunter Quantitative Analysisソフトウェアによる農薬スクリーニング

Pub.No. 5994-0738JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、幅広い複雑な食品マトリックス中の数百の農薬をスクリーニングする手法について説明します。スクリーニングは、Agilent 6546 Q-TOF LC/MS システムとAgilent MassHunter Quantitative Analysis ソフトウェアの LC/Q-TOF Screener ツールを用いて実行しました。このワークフローソリューションにより、ターゲット化合物の定量とサスペクト化合物のスク リーニングを確実に実行でき、優れた再現性、質量精度、および直線性を達成しています。ターゲット化合物の定量とサスペクト化合物のスクリーニングのワークフローを組み合わせることにより、データ解析の複雑さとデータ確認の負担を低減できます。

分野 食品
キーワード Pesticide screening methodology、 LC-Q-TOF Screener Tool、 MassHunter Quantitative Analysis software、 suspect screening workflows、 Q-TOF) mass spectrometry 、MassHunter Quantitative Analysis software 
掲載年月 2019/06
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1.76MB)

ログイン会員限定