Agilent Captiva EMR-Lipid およびLC/MS/MS による卵中のニトロイミダゾール類の分析

Agilent Captiva EMR-Lipid およびLC/MS/MS による卵中のニトロイミダゾール類の分析

Pub.No. 5994-0641JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、使いやすくかつ堅牢なパススルークリーンアップと LC/MS/MS 分析による鶏卵中の 4 種類のニトロイミダゾール (メトロニダゾール、ジメトリダゾール、ロニダゾール、イプロニダゾール) とその水酸化代謝物の測定について説明します。QuEChERS 抽出と Captiva EMRLipidカートリッジのクリーンアップによるサンプル前処理手順で、非常に優れた結果が得られ、脂質と色素が除去されました。このメソッドは極めて良好な確度 (85.6–118.3 %) と精度 (RSD <6 %) を 3 つの QC レベルすべてで実現しています。

分野 食品製薬/バイオ医薬品
キーワード Captiva EMR−Lipid、 LC/MS/MS、 egg、 nitroimidazoles、 hydroxy-metabolites、 cleanup、 Veterinary Drugs、 QuEChERS、 
掲載年月 2019/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 864kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)