OpenLab リテンションタイムロッキングウィザードを用いた 8860 GC による有機塩素系農薬の分析

OpenLab リテンションタイムロッキングウィザードを用いた 8860 GC による有機塩素系農薬の分析

Pub.No. 5994-0551JAJP

【要旨】

リテンションタイムロッキング (RTL) ウィザード (Agilent OpenLab CDS の機能) を使用して、Agilent 8860 ガスクロマトグラフのリテンションタイムの安定性を実証しました。ヘプタクロルエポキシドをロック用化合物として使用し、20 種類の塩素系農薬を含む標準試料を分析したところ、カラムメンテナンスの前後で優れたピーク分離とリテンションタイムの再現性が示されました。

分野 食品
キーワード retention time locking (RTL)、 OpenLab CDS、 Agilent 8860 GC system、 organochlorine pesticides 
掲載年月 2019/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.03MB)

ログイン会員限定