測定困難なマトリックスにおけるPAH の GC/MS/MS 分析の最適化

測定困難なマトリックスにおけるPAH の GC/MS/MS 分析の最適化

Pub.No. 5994-0498JAJP

【要旨】

Agilent 8890 GC と Agilent 7000D トリプル四重極 GC/MS システムを組み合わせて使用し、多環芳香族炭化水素 (PAH) の分析を行いました。適切な機器の構成と使用条件を選択することにより、測定困難なマトリックス中の PAH の堅牢な分析が可能になります。ミッドカラムバックフラッシュ、水素による連続的なイオン源クリーニング (JetClean)、代替ドローアウトレンズの使用により、1 ~ 1,000 pg のキャリブレーション範囲で優れた直線性が示されました。有機物濃度の高い土壌からの抽出物の繰り返し注入において、システムの精度と堅牢性が実証されました。また、MS よりも優れた MS/MS の選択性によってデータ確認が容易になります。

分野 環境
キーワード GC/MS、 GC、 MS、 8890、 7000、 トリプル四重極 GC/MS、 PAH、 MS/MS、  
掲載年月 2019/03
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 985kB)

ログイン会員限定