Agilent 8860 ガスクロマトグラフによる蒸留酒中のアルコール、アルデヒド、エステルの分析

Agilent 8860 ガスクロマトグラフによる蒸留酒中のアルコール、アルデヒド、エステルの分析

Pub.No. 5994-0490JAJP

【要旨】

Agilent 8860 GC と水素炎イオン化検出器 (FID) を組み合わせることで、蒸留酒中のアルコール、アルデヒド、有機酸、エステルの分析における感度、直線性、安定性が向上します。カラムの高度な不活性処理により、ほぼすべての化合物で優れたピーク形状を得ることができます。

分野 食品
キーワード Agilent 8890 GC、 FAMEs、 Fatty Acid Methyl Esters、 7693A automated liquid sampler (ALS) 
掲載年月 2019/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 891kB)

ログイン会員限定