Agilent 8890 GC システムによる蒸留酒の分析

Agilent 8890 GC システムによる蒸留酒の分析

Pub.No. 5994-0487JAJP

【要旨】

蒸留酒はサンプルマトリックス中の水成分が多いため、ガスクロマトグラフィー (GC) による分析が非常に困難なアプリケーションです。サンプル中の水によって GC カラムの寿命が短くなるため、注入口やカラムを頻繁にメンテナンスしなければなりません。このアプリケーションノートでは、蒸留酒の繰り返し分析を高精度で実行する Agilent 8890 GC システムと Agilent J&W DB-WAX UI カラムの能力を実証します。

分野 食品
キーワード gc、 8890、 DB-WAX、 飲料、蒸留酒、 
掲載年月 2019/02
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 765kB)

ログイン会員限定