Agilent 8890 GC による依存性薬物の分析

Agilent 8890 GC による依存性薬物の分析

Pub.No. 5994-0486JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、一般的なスクリーニング対象薬物を正確に同定するためのメソッドを紹介します。ワークフローは、Agilent 8890 GC、Agilent 5977シリーズ MSD、Agilent 7693A シリーズオートサンプラ、Agilent J&W DB-5ms ウルトライナート高速高分離カラムで構成されています。このメソッドでは、一般的な薬物に対して優れた分離能を実現でき、高い再現性が得られます。

分野 法医学
キーワード Agilent 8890 GC; Agilent 5977A; forensic; toxicology 
掲載年月 2019/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 704kB)

ログイン会員限定