5977 イナートプラス GC/MSD によるEPA 8270 の再最適化およびキャリブレーション範囲の拡大

5977 イナートプラス GC/MSD によるEPA 8270 の再最適化およびキャリブレーション範囲の拡大

Pub.No. 5994-0350JAJP

【要旨】

GC/MS による半揮発性有機化合物の分析について定めた米国 EPA メソッド 8270 に記載の手法は、世界の他の地域でも適用可能です。多様なクラスの化合物を幅広い濃度範囲で同時に測定する必要があることから、このメソッドにはいくつかの分析上の課題があります。5977A および B イナートプラスGC/MSD は、0.2 ~ 160 ppm の検出範囲において、1 回の注入 (1 回のキャリブレーション) で、メソッド 8270D/E の性能要件を満たします。初回のキャリブレーション結果は、持続的なキャリブレーションの継続時間を示すものです。すなわち、オペレータの介入なしにサンプルを分析できる時間の長さを示唆するものであり、これが運用コストの削減につながります。このメソッドでキャリブレーション範囲を広げ、化合物の %RSD を下げることができました。

分野 環境
キーワード 8270、 semivolatiles、 GC/MS、 GC-MSD、 5977、 Inert Plus、 initial calibration 
掲載年月 2018/11
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 618kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)