Agilent AdvanceBio MS スペントメディアカラムと TOF MS による15 種の非誘導体化糖類およびシアル酸 USP 標準液の分離

AdvanceBio MS スペントメディアカラムと TOF MS による15 種の非誘導体化糖類およびシアル酸 USP 標準液の分離

Pub.No. 5994-0320JAJP

【要旨】

糖類とシアル酸は、バイオプロセッサからのスペントメディアにおける一般的な成分であり、モノクローナル抗体などの治療用タンパク質の製造工程でモニタリングされます。このアプリケーションノートでは、Agilent AdvanceBio MS スペントメディアカラムと HILIC テクノロジーを用いて、これらの典型的なスペントメディア成分の USP 標準液を分離します。Agilent 6230 飛行時間型 (TOF) LC/MS を用いることで、高価で時間を要する誘導体化を実施することなく分析しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード Agilent AdvanceBio MS Spent Media、 Agilent 1260 Infinity II LC、 Agilent 6230 TOF LC/MS、 saccharide、 sialic acid、 USP standard、 Biopharma 
掲載年月 2018/11
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 723kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)