サイズ排除クロマトグラフィー (SEC) のメソッド開発における移動相の最適化

サイズ排除クロマトグラフィー (SEC) のメソッド開発における移動相の最適化

Pub.No. 5994-0154JAJP

【要旨】

モノクローナル抗体 (mAb) 製品の凝集は、その治療薬としての効能に悪影響を与えます。サイズ排除クロマトグラフィー (SEC) は、治療用のタンパク質およびペプチド中の凝集体のモニタリングに非常に効果的なメソッドです。このアプリケーションノートでは、標準タンパク質混合物中のモノマー、ダイマー、凝集体の特性評価における、Agilent AdvanceBio SEC カラムを使用したメソッドの最適化を解説します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード Antibody drug conjugate、 ADC、 proteins、 AdvanceBio SEC 300 Å、 AdvanceBio SEC 130 Å、 HPLC、 1260 Infinity bio-inert 
掲載年月 2018/11
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 1.56MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)