Agilent Captiva EMR-Lipid クリーンアップを用いた LC/MS/MS によるヒト全血中の依存性薬物の定量

Agilent Captiva EMR-Lipid クリーンアップを用いた LC/MS/MS によるヒト全血中の依存性薬物の定量

Pub.No. 5991-9251JAJP

【要旨】

Agilent Captiva EMR-Lipid は第 2 世代の Agilent EMR-Lipid 製品として位置づけられ、使い勝手の良い SPE カートリッジまたは 96 ウェルプレートで使用することができます。本研究では、ヒト全血中の代表的な依存性薬物 24 種の LC/MS/MS を用いた定量における Captiva EMR-Lipid 96 ウェルプレートのアプリケーションを紹介します。

分野 法医学
キーワード lipid removal、 Captiva EMR-Lipid cleanup、 ion supression、 LC/MS/MS、 drugs of abuse、 DoA 
掲載年月 2018/06
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 907kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)