サンプルマトリックスが GC/MS/MS多成分残留農薬分析に与える影響

サンプルマトリックスが GC/MS/MS多成分残留農薬分析に与える影響

Pub.No. 5991-9237JAJP

【要旨】

複雑な農薬の分析には、ガスクロマトグラフィー/質量分析法 (GC/MS) が適しています。ただし、要求される定量下限と最大残留基準値 (MRL) 範囲を得るには、妥当な直線範囲と低い検出下限 (LOD) を実現可能な多成分残留農薬用のメソッドが必要です。このアプリケーションノートでは、適切なサンプル前処理手順を行い、バックフラッシュを実行し、マトリックス最適化マルチプルリアクションモニタリング (MRM) を使用しても GC/MS/MS システムに導入されてしまうマトリックスの存在について検証します。

分野 食品環境
キーワード GC/MS/MS、 multiresidue pesticides、 MRM、 7010B、 Pesticide、 Rice、 tea、 honey、 QuEChERS、 Dispersive SPE、 7890B、 GC/QQQ、 Backflush 
掲載年月 2018/11
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 1.08MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)