食品中の多成分残留農薬の分析: Agilent IDP-10 ドライスクロール真空ポンプとオイル粗引きポンプの分析評価

GC/MS/MSによる食品中の多成分残留農薬の分析: Agilent IDP-10 ドライスクロール真空ポンプとオイル粗引きポンプの分析評価

Pub.No. 5991-9201JAJP

【要旨】

食品中の多成分残留農薬の分析について、Agilent IDP-10 ドライスクロールポンプと従来のオイル粗引きポンプの分析性能を比較評価しました。この研究には、Agilent Intuvo 9000 GC と 7010B トリプル四重極質量分析計 (GC/MS-MS) を組み合わせて使用しました。評価対象パラメータには、真空数値とチューニングレポートが含まれます。この分析では、レモンマトリックス中の 30 種類の農薬を対象に、2 種類の構成を用いて生成されるクロマトグラム、検量線、再現性、S/N 比を検討しました。

分野 食品環境
キーワード Agilent IDP-10、 Intuvo、 7010B、 Scroll、 Vacuum、 Pump、 oil、 roughing、 pump、 9000、 7010B、 GC/MS/MS、 GC/QQQ、 pesticides、 Lemon、 QuEChERS、 dispersive SPE、 EN Method 
掲載年月 2018/09
ページ数 5ページ (PDFファイルサイズ 591kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)