Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS による飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル化合物(PFAS) の分析

Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS による飲料水中のペル/ポリフルオロアルキル化合物(PFAS) の分析

Pub.No. 5991-8969JAJP

【要旨】

ペル/ポロフルオロアキシル化合物 (PFAS) は環境への懸念が高まっている化合物の 1 つです。米国環境保護庁 (US EPA) は飲料水の健康に関する勧告を発表しており、ペルフルオロオクタン酸 (PFOA) とペルフルオロオクタンスルホン酸 (PFOS) の合計濃度を 70 ng/L としています。一部の州が発表した公衆衛生ガイドラインでは、特定の PFAS について、さらに低い値が定められています。このアプリケーションノートでは、US EPA メソッド 537 に記載された 14 種類の PFAS を含む 17 種類の PFAS を対象に、Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS 用に開発されたメソッドを用いて実施した分析を解説します。

分野 環境
キーワード bioanalysis、 drugs of abuse、 LC/MS、 sample prep、 workflow、環境、飲料水 
掲載年月 2018/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.30MB)

ログイン会員限定