Agilent RapID ラマンシステムを用いたバイオ医薬品製造における原材料の同定検証

Agilent RapID ラマンシステムを用いたバイオ医薬品製造における原材料の同定検証

Pub.No. 5991-8856JAJP

【要旨】

生体細胞に由来する生体化合物は、増え続けるさまざまな病状の治療に対して大きな可能性を示しています。生物学的に生成された大部分のタンパク質は最終的には殺菌することができないため、無菌状態下で生成する必要があります。このアプリケーションノートでは、空間オフセット型ラマン分光 (SORS) とAgilent RapID ラマンシステムを使用して、バイオ医薬品製造における一般的な原材料を無菌状態のまま測定する方法について説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品材料試験・研究
キーワード RapID、 Raman Spectroscopy、 biological production、 growth media analysis、 non contaminating analysis 
掲載年月 2018/07
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 663kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)