Agilent InfinityLab Poroshell 120 HILIC-Zカラムによるアミノグリコシドの分析

Agilent InfinityLab Poroshell 120 HILIC-Zカラムによるアミノグリコシドの分析

Pub.No. 5991-8824JAJP

【要旨】

アミノグリコシドは、強力で幅広く使用されている代表的な抗生物質です。アミノグリコシドとその不純物はいずれも高極性であるため、逆相クロマトグラフィー (RPLC) を用いて分析するのは非常に困難です。親水性相互作用液体クロマトグラフィー (HILIC) は、RPLC と比較してシステムや溶媒への変更を大幅に抑えつつ、これらの極性分子を分離する便利で高速なメソッドです。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード Aminoglycoside、 ribostamycin、 neamine、 impurity、 zwitterion、 Hydrophilic Interaction Chromatography、 HILIC、 Poroshell HILIC、 HILIC-Z、 ELSD 
掲載年月 2018/05
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 638kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)