非誘導体化アミノ酸の LC/MS 分析によるバイオリアクタ細胞培地のモニタリング

非誘導体化アミノ酸の LC/MS 分析によるバイオリアクタ細胞培地のモニタリング

Pub.No. 5991-8816JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、細胞培養培地におけるアミノ酸の LC/MS 分析のためのソリューションについて説明します。極性があるアミノ酸では逆相液体クロマトグラフィーによる分析が困難です。そのため、多くの場合、誘導体化を用いてリテンションを向上させます。しかし、親水性相互作用液体クロマトグラフィー (HILIC) は従来の逆相液体クロマトグラフィーと同様のワークフローを維持しながら、誘導体化していない複雑なアミノ酸混合物を保持し、分離することができます。HILIC と質量分析を組み合わせることで、非誘導体化アミノ酸の分析における非常にシンプルで強力なソリューションとなります。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード bioanalysis、 amino acids、 LC/MS、 cell culture、 polar compounds、 workflow、 非誘導体化アミノ酸、LC/MS、バイオリアクタ、細胞培地 
掲載年月 2018/02
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 729kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)