Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MSシステムによる豚肉および鶏卵中の残留動物用医薬品の一斉分析

Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MSシステムによる豚肉および鶏卵中の残留動物用医薬品の一斉分析

Pub.No. 5991-8746JAJP

【要旨】

動物用医薬品は分類がさまざまでマトリックスや特性が複雑になるため (例えば、異なる pH 下での疎水性や安定性など)、1 回の分析で複数の分類の分析対象物を検出することが困難になります。一般的な標準メソッドが対応している動物用医薬品の分類は、1 つまたは類似した分類の小規模のコホートです。動物用医薬品を効率的にモニタリングして公衆衛生を守るためには、1 回の分析で複数の分類の分析対象物を検出する手法が必要になります。Agilent Ultivo トリプル四重極 LC/MS は、この点において非常に適したシステムです。Ultivo は、特に環境および食品安全性分野において、ルーチン生産や分析を行うラボが直面する多くの課題に対処するように設計されています。

分野 食品
キーワード Ultivo、 Veterinary drugs、 EMR-Lipid 
掲載年月 2018/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 749kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)