37 成分の脂肪酸メチルエステル分析の改善:3 種類のキャピラリ GC カラムによる分析

37 成分の脂肪酸メチルエステル分析の改善:3 種類のキャピラリ GC カラムによる分析

Pub.No. 5991-8706JAJP

【要旨】

脂肪酸メチルエステル (FAME) の分析は、食品中の脂質フラクションの特性解析に使用されます。この分析は、食品分析における最も重要なアプリケーションの 1 つです。このアプリケーションノートでは、Agilent J&W CP-Sil 88 for FAME、Agilent J&W DB-23、および Agilent J&W DB-FATWAX ウルトライナート GC カラムを用いた 37 成分の FAME 標準混合物の分離について説明します。CP-Sil 88 forFAME GC カラムを用いることにより、高い分離能が得られました。高効率 DB-23 カラムにより、37 成分の FAME がわずか 8 分で非常に適切に分離されました。一方、DB-FATWAX ウルトライナートカラムは、大部分の飽和および多価不飽和 FAME に対して独自の選択性を示しています。

分野 食品
キーワード FAME、 Fatty Acid Methyl Esters、 lipids、 food、 fatty acid、 cis、 trans、 isomers、 GC、 gas chromatography、 
掲載年月 2018/05
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.04MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)