SPME - GC/MS/MS と多変量解析による接ぎ木した紅茶香気成分の差異分析

SPME - GC/MS/MS と多変量解析による接ぎ木した紅茶香気成分の差異分析

Pub.No. 5991-8330JAJP

【要旨】

接ぎ木による紅茶サンプルの差異を分析するために、固相マイクロ抽出 (SPME) とガスクロマトグラフィー/トリプル四重極質量分析 (GC/MS/MS) を用いたメソッドを開発しました。データ抽出と統計解析には、Agilent MassHunter Profinder および Agilent Mass Profiler Professional (MPP) ソフトウェアを使用しました。同定された、または暫定的に同定された特徴的な揮発性化合物については、主成分分析と階層的クラスター分析によって、茶サンプル中での差異を明らかにしました。

分野 食品
キーワード Solid-phase micro extraction、 SPME、 GC/MS/MS、 7890B、 7000D、 Triple Quadrupole、 GC/MS、 GC/TQ、 untargeted analysis、 MassHunter、 Profinder、 MPP、 Mass Profiler Professional、 food、 chemometric method、 black tea、 aroma、 graftage、 data extraction 
掲載年月 2018/05
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.44MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)