高分解能 GC/Q-TOF による消防士用防護製品の燃焼生成物の分析

高分解能 GC/Q-TOF による消防士用防護製品の燃焼生成物の分析

Pub.No. 5991-8197JAJP

【要旨】

癌は、消防士の疾病率や死亡率の主な要因の 1 つです。消防士は消火中、煙に加えて、家具、カーペットなどから発生する、難燃剤などの高い濃度の有機化学物質やその燃焼生成物などにさらされます。フルスペクトル採取モードの高分解能 MS は、複雑なマトリックス中の環境汚染物質のノンターゲット分析、特に微量化合物の同定に対して非常に有効です。多環芳香族炭化水素 (PAH)、ポリ臭化ジフェニルエーテル (PBDE)、その他の燃焼生成物を同定するために、高分解能 Agilent 7250 GC/Q-TOF を使用しました。

分野 法医学一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード 高分解能、 7200、 7250、 GC/Q-TOF、 燃焼生成物、 難燃剤、 GC/MS、 GC/Q-TOF、 suremass、 PAH、 PBDE 
掲載年月 2017/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 2.41MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)