Agilent LC/MSD XT を用いた蛍光検出および質量選択検出によるモノクローナル抗体 N-グリカンの分析

Agilent LC/MSD XT を用いた蛍光検出および質量選択検出によるモノクローナル抗体 N-グリカンの分析

Pub.No. 5991-8071JAJP

【要旨】

シングル四重極テクノロジーを搭載した Agilent LC/MSD XT は、一般的なUHPLC HILIC-FLD システムにオンラインで接続し、あらゆるサンプルのあらゆるピークに対応可能な質量分析ベースの同定オプションを提供することができます。Agilent Jet Stream イオン源を InstantPC グリカンタグと共に用いることで、十分な感度が得られ、サンプルを濃縮しなくても、通常の抗体サンプル中の大小両方のピークの MS シグナルを検出することができます。通常のモノクローナル抗体サンプルの場合は、確実にグリカン構 造を割り当てることができます。本アプリケーションノートでは、堅牢な蛍光検出での相対定量に基づく従来型アプローチを用いました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード LC/MSD、 Cerno、 MassWorks、 Biosciences、 mass accuracy、 spectral accuracy、 unknown、 formula ID 
掲載年月 2018/06
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 906kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)