LC/Q-TOF によるサブナノグラムレベルのインタクトモノクローナル抗体の定量

LC/Q-TOF によるサブナノグラムレベルのインタクトモノクローナル抗体の定量

Pub.No. 5991-7814JAJP

【要旨】

バイオ医薬品の定量には、酵素によって分解されたサンプルからの署名ペプチドに焦点を当てたターゲットマルチプルリアクションモニタリング (MRM) 手法がよく使用されます。この資料では、クロマトグラフィーにおける最新の進展と高性能 Agilent 6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF を使用して、優れた直線ダイナミックレンジを拡張する高い感度と再現性での定量分析メソッドを確立したことを説明します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード mAb、 mAb quantitation、 antibodies、 mAb characterization、 monoclonal antibody、 monoclonal antibodies、 intact mAb analysis、 intact proteins、 intact analysis、 targeted multiple reaction monitoring、 tMRM、 targeted MRM 
掲載年月 2017/03
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 769kB)

ログイン会員限定