香料中の汚染物質の検出

香料中の汚染物質の検出 (革新技術: Agilent Intuvo 9000 GC と OpenLAB CDS バージョン 2 および MatchCompare)

Pub.No. 5991-7592JAJP

【要旨】

香料業界では、製造の全プロセスでガスクロマトグラフィーが使用されています。一般に、香料のような複雑な製品は原材料が数百種類にもおよび、サンプル間の一貫性を目指すメーカーは、業界特有の課題を抱えています。個々の原材料自体が変化する可能性や、加工の各段階や風媒性成分から汚染物質が混入する恐れがあります。

Agilent Intuvo 9000 GC システムは、従来のガスクロマトグラフシステムにはない利点を備え、革新的な香料分析ソリューションを提供します。

分野 食品
キーワード 香料分析、 Intuvo 9000 GC、 汚染物質 
掲載年月 2017/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 681kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)