リツキシマブの先発薬およびバイオシミラーの電荷変異体分析:

Agilent 1260 Infinity バイオイナート LC からAgilent 1260 Infinity II バイオイナート LC へのシームレスなメソッド移管

Pub.No. 5991-7442JAJP

【要旨】

バイオ医薬品の電荷不均一性のモニタリングは、有効かつ安全な医薬品を生産するためにきわめて重要となります。これは、電荷パターンの変化が有害な免疫反応につながる可能性があるためです。このアプリケーションノートでは、リツキシマブの先発薬とバイオシミラーの電荷変異体分析について取り上げます。先発薬とバイオシミラーでは、電荷変異体のピークパターンは類似していたものの、個々のピーク強度には明らかな差異が見られました。また、Agilent1260 Infinity バイオイナート LC お よび Agilent1260 Infinity II バイオイナート LC 間でのメソッド移管を評価したところ、同等の結果が得られました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード リツキシマブ、先発薬、バイオシミラー、電荷変異体、LC、 LCカラム、bioinert、バイオイナート、Infinity、バイオ医薬品 
掲載年月 2017/02
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.04MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)