JetClean セルフクリーニングイオン源による食品および飼料中の農薬分析における感度と再現性の維持

JetClean セルフクリーニングイオン源による食品および飼料中の農薬分析における感度と再現性の維持

Pub.No. 5991-7342JAJP

【要旨】

Agilent 7010 シリーズトリプル四重極 GC/MS による有機蜂蜜抽出液に含まれる約 200 種類の農薬の分析を、Agilent JetClean セルフクリーニングイオン源の測定とクリーニングモード (0.13 mL/min H2 連続流量) を組み合わせて使用した場合と使用しない場合で行いました。クロマトグラムのピーク形状とベースラインの向上 (後の方のより高い分子量の化合物で)、類似の R2 値、同等の RSD (%)、低 ppb レベルの MDL のすべてにおいて、MSイオン源への H2 の連続的な低流量の使用が農薬分析中の性能維持に有用な選択肢であると見なすことができることが示唆されました。

分野 食品環境
キーワード Pesticides、 Pesticide and Environmental Pollutants analyzer、 GC、 tMRM、 MRM、 pesticide database、 7890B GC、 7693B Autosampler、 7010A Triple Quadrupole GC/MS、 Analyzer、 Environmental pollutants、 Food safety、 Environmental testing、 Targeted screening、 Databas 
掲載年月 2017/02
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 1.19MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)