PLRP-S ポリマー逆相カラムを用いたmAb および ADC の LC/MS 分離

PLRP-S ポリマー逆相カラムを用いたmAb および ADC の LC/MS 分離

Pub.No. 5991-7163JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、モノクローナル抗体 (mAb) や抗体薬の複合体 (ADC) など、分子量の大きい生体分子の特性解析に使用する、ポリマーベースの逆相カラムのアプリケーションについて説明します。ポリマーカラムの性能について理解するために、mAb のインタクトおよびフラグメントの両方のレベルに関して研究を行いました。その結果、カラムの優れた分離性能、および mAb と ADCのルーチン LC/MS 分析への適合性が実証されています。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード モノクローナル抗体、 mAb、 抗体薬、 複合体、 ADC、 LC/MS、 ポリマーカラム、PLRP-S、  
掲載年月 2016/10
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 758kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)