Agilent GC/MS 薬物アナライザによる薬物のスクリーニング分析

超高感度イオン源を搭載したAgilent GC/MS 薬物アナライザによる薬物のスクリーニング分析

Pub.No. 5991-6294JAJP

【要旨】

生体サンプル中の毒物を幅広くスクリーニングするには、無制限のターゲットに対するフルスペクトル同定確認とノンターゲットのスペクトル同定が必要です。Agilent GC/MS 毒物アナライザは、Agilent 5977B MSD と超高感度イオン源(HES) を用いる構成で、デコンボリューションレポート作成ソフトウェア(DRS) と法中毒データベースライブラリを使用します。これらの技術を組み合わせることで、より多くの低濃度のターゲットをスクリーニングすることができ、分析時間が短縮されます。

分野 法医学
キーワード 薬物、スクリーニング、 法医学、毒物、法中毒、DRS、GC/MS、 5977、 5977B、  
掲載年月 2016/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 166kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)