下水処理水中の指標化合物20 種の同定

Agilent 6490 トリプル四重極 LC/MS によるダイレクト注入を用いた下水処理水中の指標化合物20 種の同定

Pub.No. 5991-6114JAJP

【要旨】

廃水中の微量有機化合物の検出用に開発された、水系ダイレクト注入法とわずか 80 μL のサンプルを用いる高速LC/MS/MS メソッドにより、下水処理水中に存在する 20 種類の指標化合物を同定しました。このメソッドのサイクルタイムは14 分未満、最大残留基準値 (MRL) はほぼすべての化合物で 3~39 ng/L でした。また、マトリックス効果は、ほとんどの化合物で 30 % 未満、日内および日間変動率は、20 種類の指標化合物のうち1 種類を除くすべてについて 5 % 未満でした。

分野 環境
キーワード 廃水、微量有機化合物、農薬、6490、lc/ms、QQQ、 
掲載年月 2016/03
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 189kB)

ログイン会員限定