EMR Lipid と LC/MS/MS によるウシ肝臓中の残留動物用医薬品の多成分同時分析

Agilent Bond Elut QuEChERS EMR Lipid と LC/MS/MS によるウシ肝臓中の残留動物用医薬品の多成分同時分析

Pub.No. 5991-6096JAJP

【要旨】

Agilent Bond Elut QuEChERS Enhanced Matrix Removal Lipid (EMR Lipid) は、次世代のサンプル前処理製品であり、利便性の高い分散固相抽出 (dSPE) に使用できます。この充填剤は、共抽出されたマトリックスに対して非常に選択性が高くなっています。特に脂質の多いサンプル (脂肪含有量が 5 % を超える) で選択性があり、分析対象物の回収率に悪影響を与えることはありません。今回の実験では、ウシ肝臓中の 30 種の代表的な動物用医薬品の分析に、この新しい製品が適用できることを示しています。

分野 食品
キーワード 動物用医薬品、LC/MS/MS、 サンプル前処理、脂質、EMR-Lipid、 enhanced matrix removal、 fatty matrices、 dSPE、 zirconia sorbent、 QuEChERS、 Bond Elut、 Poroshell 120 EC-C18、 1290 Infinity LC、 6490 triple quadrupole LC/MS、 MassHunter、 iFunnel、 
掲載年月 2015/10
ページ数 18ページ (PDFファイルサイズ 685kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
EMR-Lipid と Agilent 6490 LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

50 ng/g の動物用医薬品標準液を添加し、タンパク質
沈殿で抽出した後、Agilent Bond Elut EMR Lipid
でクリーンアップしたウシ肝臓サンプルの典型的な
LC/MS/MS サンプルクロマトグラム(DMRM)