食品中の740 種類以上の残留農薬のスクリーニング

Agilent GC/Q-TOF と精密質量農薬ライブラリによる食品中の740 種類以上の残留農薬のスクリーニング

Pub.No. 5991-5633JAJP

【要旨】

6 種類の有機栽培の果物と野菜のサンプルをEN QuEChERS メソッドを使用して抽出し、高分解能飛行時間型質量分析計Agilent 7200A GC/Q-TOF の電子イオン化モードにて分析しました。10ng/mL レベルでスパイクした農薬の97 % 以上を、100 ng/mL レベルでスパイクした農薬の99 %以上を同定できました。分子イオンのS/Nが10 以上の場合、TOF の質量精度は2 ppm 未満でした。

分野 食品環境
キーワード 7200 GC/Q-TOF、 Pesticides、 All Ions、 QuEChERS、 Screening、 Pesticides PCDL、 農薬、 高分解能、飛行時間型質量分析計、GC/MS 
掲載年月 2015/06
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 517kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7200 GC/Q-TOF
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

表3 に記載された農薬標準を100 ng/mL 相当にスパイ
クした QuEChERS 抽出物のサンプルクロマトグラム
A) ブロッコリ、B) 人参、C) セロリ、
D) サヤマメ、E) 赤リンゴ、F) トマト。
すべてのサンプルクロマトグラムは同じスケールで
示され、それぞれの抽出物の複雑さを示しています。