GC/MSD システムによるジェネリック医薬液剤中の抽出物/浸出物の分析

Pub.No. 5991-5632JAJP

GC/MSD システムによるジェネリック医薬液剤中の抽出物/浸出物の分析

医薬液剤の保管には、あらゆるリスク分類のプラスチック製容器が広く使用されています。包材から液剤への化合物の移動を調査するためのモデルとして懸濁製剤を用い、2 種類の Agilent 5977A シリーズ GC/MSD システムで分析しました。

分野 バイオ医薬品/医薬品
キーワード 抽出物/浸出物、 ヘッドスペース、ジェネリック医薬品、 GC/MS、 MMI、 
掲載年月 2015/08
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 622kB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 623KB)

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 5977A シリーズ GC/MSD

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

懸濁製剤中の固体成分(A) および液体成分(B) の
ヘッドスペース GC/MS 分析