GC/MSD システムによるプラスチック製点滴静注バッグからの抽出物/浸出物の分析

GC/MSD システムによるプラスチック製点滴静注バッグからの抽出物/浸出物の分析

Pub.No. 5991-5616JAJP

【要旨】

2 種類の Agilent 5977A シリーズ GC/MSD システムを使用して、プラスチック製点滴静注 (IV) バッグの抽出物と浸出物の化合物を分析しました。調査に用いた IV バッグは、150 mL ブドウ糖バッグ (使用期限切れ) および 1 L 塩化ナトリウムバッグ (加熱) の 2 種類です。ヘッドスペースサンプリング法と液体注入法を相補的に使用することで、フタル酸系可塑剤などの潜在的に有毒な添加物が IV バッグから注射液へ移動していることがわかりました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 抽出物/浸出物、 ヘッドスペース、プラスチックバッグ、 GC/MS、 MMI、  
掲載年月 2015/07
ページ数 18ページ (PDFファイルサイズ 901kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5977A シリーズ GC/MSD システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

250 ℃ でヘッドスペース GC/MS を使用した
IV チューブの溶出物の分析