Agilent Poroshell HPH-C18 カラムを用いた自動アミノ酸分析

Agilent Poroshell HPH-C18 カラムを用いた自動アミノ酸分析

Pub.No. 5991-5571JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、3.5 および1.8 μm のAgilent ZORBAX Eclipse Plus C18 カラムに関して以前に開発された自動プレカラムOPA/FMOC アミノ酸メソッドを、2.7 μm のAgilent PoroshellHPH-C18 表面多孔質カラムも対象に含めて実施しています。この分析において、このカラムの寿命が長いこと、および異なるカラム寸法への変換が容易できることが示されています。さらに、発酵生成物に対するカラムのアプリケーションについても説明します。

分野 食品環境製薬/バイオ医薬品
キーワード 1260 Infinity Binary、 ZORBAX Eclipse、 Poroshell HPH、  
掲載年月 2017/03
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 2.10MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)