ポリエチレングリコール界面活性剤の同定

水圧破砕水の精密質量分析:LC/Q-TOF-MS によるポリエチレングリコール界面活性剤の同定

Pub.No. 5991-5473JAJP

【要旨】

UHPLC で分離した後に LC/Q-TOF-MS を使用して、水圧破砕水の逆流水サンプル中に存在するポリエチレングリコール化合物(PEG) を検出しました。Kendrick 質量欠損を適用してPEG 内のさまざまな付加体を同定しました。

分野 環境エネルギー&石油
キーワード 水圧破砕水、逆流水、ポリエチレングリコール、ポリエチレン、 polyethylene glycol 、PEG、 QTOF、 LC/QTOF、 Accurate Mass、 Kendrick Mass Detect  
掲載年月 2015/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 216kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 6540 Accurate-Mass Q-TOF LC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

最近の水圧破砕坑井からの逆流水サンプルの UHPLC/Q-TOF-MS クロマトグラムは、差が44.026 質量単位のポリマーの二峰性分布で、4~12分にある親水性ゾーン、12~14分にある2 つ目の極性の少ないゾーンを示しています。