Agilent 5100 SVDV ICP-OES によるバイオディーゼル油の分析

Pub.No. 5991-5333JAJP

Agilent 5100 SVDV ICP-OES によるバイオディーゼル油の分析 (ASTM D6751 および EN 14214 適合性)

Agilent 5100 シンクロナス・バーティカル・デュアルビュー (SVDV) ICP-OES を用いたバイオディーゼルの分析について考察します。Agilent 5100 は、測定対象の元素と必要な検出下限にもとづいて、プラズマビュー (ラディアルまたはアキシャル) を柔軟に選択できます。また、きわめて堅牢なプラズマが長期にわたる分析安定性を確保します。さらに、サンプルの高速分析によりアルゴンガスの消費量と運用コストを低減しつつ、卓越した分析性能を発揮します。

分野 エネルギー&石油
キーワード バイオディーゼル、 5100、 ICP-OES、 ASTM D6751、 EN 14214、 SVDV、シンクロナス・バーティカル・デュアルビュー、 プラズマビュー、ラディアル、アキシャル  
掲載年月 2015/07
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 616kB)

アプリケーションノートを見る
(PDF 616KB)

使用分析装置

使用分析装置 イメージ画像

Agilent 5100 SVDV ICP-OES

見積フォームを開く

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像クリックして拡大表示ができます。

FACT バックグラウンド補正を用いた Na 588.995 nm の検量線は、広範囲にわたって優れた直線性を示し、
相関係数は 0.99991 です。