FTIR 顕微 ATR イメージングによる合成ポリマーおよび合成ゴムに含まれる異物の同定

FTIR 顕微 ATR イメージングによる合成ポリマーおよび合成ゴムに含まれる異物の同定

Pub.No. 5991-5224JAJP

【要旨】

本資料では、Agilent Cary 620 FTIR 顕微イメージングシステムが合成ポリマー内の異物をどのように同定するか、また、組成におけるばらつきを監視するかを説明します。

分野 材料試験・研究半導体/電子材料
キーワード 異物分析、Cary、 620、 FTIR、 顕微イメージングシステム、 合成ポリマー、 材料分析、品質管理、Ge、 顕微 ATR 
掲載年月 2015/01
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 717kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent Cary 620 FTIR 顕微イメージングシステム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

A) ポリマー表面の白い斑点の可視イメージ測定領域サイズおよび位置を○で示します。イメージは Cary 620 赤外顕微鏡に取り付けた可視/赤外用 15 倍対物鏡を使用して得られました。B) (A) で示す領域から取得されたシングルポイント ATR スペクトルとスペクトルライブラリ検索の結果から、白色の異物がポリアミド (ナイロン) であることが分かりました。スケールバー = 200 μm