バイオモノリスプロテインA カラムと LC/MS を用いた細胞クローン選択

バイオモノリスプロテインA カラムと LC/MS を用いた細胞クローン選択

Pub.No. 5991-5124JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、Agilent バイオモノリスプロテインA カラムを用いて、チャイニーズハムスター卵巣細胞培養上清の組み換えモノクローナル抗体価を測定する方法を説明します。また、このカラムを用いてμg レベルの抗体を濃縮し、質量分析によるさらなる構造分析を行う方法を説明します。このワークフローは、生物製剤およびバイオシミラー開発におけるクローン選択プロセスの指針となるものです。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード バイオモノリスプロテインA カラム、LC/MS、モノクローナル抗体、生物製剤、バイオシミラー 
掲載年月 2014/11
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 392kB)

ログイン会員限定

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent バイオモノリスプロテインA カラム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

トラスツズマブ産生 CHO クローン、クローン9 (赤) と、50 mM Na-リン酸pH 7.4 で 0.2 mg/mL に希釈したハーセプチン先発薬(青) のUV 280 nm Agilent バイオモノリスプロテインA クロマトグラム。上清はリン酸緩衝液で 1:1 に希釈しました。