Agilent 5100 ICP-OES を使用した中国標準メソッドに基づく粉ミルクの分析

Agilent 5100 SVDV ICP-OES を使用した中国標準メソッドに基づく粉ミルクの分析

Pub.No. 5991-4900JAJP

【要旨】

Agilent 5100 SVDV ICP-OES は、アキシャルとラディアルの両方の読み取りを 1 回の測定で実行できます。粉ミルク SRM 中の微量の毒性元素および主要栄養素元素を、イオン化緩衝液を使用することなく 1 回の測定で測定しました。測定したすべての元素について優れた回収率が達成され、広いダイナミックレンジでこのメソッドの真度が高いことが証明されました。

分野 食品
キーワード 粉ミルク、食品安全性、ICP-OES、 アキシャル、ラディアル、デュアルビュー、ICP-OES、 SVDV、 同時測定 
掲載年月 2014/12
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 188kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5100 SVDV ICP-OES
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

混合標準溶液の組成および濃度、μg/mL